盛岡町並み研究会とは | サイトマップ | Link

Loading…
トップページ > 調査・研究

盛岡市町家再生活用による空家空家等対策仕組みづくり事業

鉈屋町地区は、歴史的な街道筋にあり、町家の町並みが形成され、周辺には寺院群や歴史的建造物が多く残る。 平成15年、住民による町家の保存活用運動(盛岡まち並み塾)は、暮らし文化の継承とともに大きな成果を生んでいる。 現在までに15軒の改修・修景が進む一方、7軒の町家が解体されている。地域が抱える実情(高齢小世帯化、老朽化、 相続)に合った町家の活用、町並み修景、賑わい創出を前提とした総合的な不動産流通、活用の仕組みづくりを検討する。

報告書ダウンロード

活用・町家宿泊

旅館などの宿泊施設とは異なり、町家を体験していただくための貸し部屋としてお貸しいたします。

町家宿泊へ移動 >>

調査・研究

  • 盛岡市町家等再生活用による空家等対策仕組みづくり事業

調査・研究へ移動 >>

修景事業

  • 修景促進プロジェクト
  • 修景事例

修景事業へ移動 >>

事業進捗情報

今回、取得以前長く空家だったこともあり急速に老朽化が進んでいたため、保存のための本格的な修理・修復工事を行い、あわせて町並み景観の修景、地域で不足している地元型観光ーおもてなし施設及び地域の活動団体等の支援施設として活用します。

事業進捗情報へ移動 >>